2015年05月02日

緋紅蒲公英の種子

 緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)の花が終わり、種子ができました。今回は種子が綺麗な綿帽子になりました。
rose_seed150502002.jpg

 種子の大きさは割と小型で外来種タンポポに近い感じです

rose_seed150502006.jpg

 種子(痩果)は淡褐色で長さ約3.5mm、幅1mm。冠毛柄の長さ6-7mm、冠毛は白色で長さ6-7mm
タグ:痩果
posted by しまねこ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2015年04月16日

ピンクのタンポポ咲きました

 ピンク色のタンポポ、緋紅蒲公英Taraxacum pseudoroseum)が今年も咲きました。
rose150416084.jpg

 中央アジアの高原地帯が原産地です。一昨年春に種を撒いて発芽させ、去年と今年2年連続で花が咲きました。
園芸店で桃色タンポポとして売られているのは厳密にはタンポポ属(Taraxacum)ではなくフタマタタンポポ属(Crepis)ですが、これはカンサイタンポポセイヨウタンポポと同じTaraxacum属です。

ROSE15041907.jpg

開花から3日目、2個目の花が咲きました。開花初日はピンク色が淡いですが最初の花は濃いピンク色になっています。

rose150419010.jpg

花弁を包むガクに見える部分(総苞)は日本の在来種とは違って、やや外側に開きます。


 
posted by しまねこ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2014年04月14日

緋紅蒲公英開花2014

2年ぶりに緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)の花が咲きました。
 一昨年の秋に種まきして発芽したのですが、去年の春は栄養不足だったのか開花しませんでいた。

待ちに待った開花です。

rose140413011.jpg

開花一時間前。仄かに緋色が見えます
rose140413016.jpgrose140413017.jpg
posted by しまねこ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2014年02月24日

緋紅蒲公英の蕾2014春

たんぽぽラボの緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)の鉢に蕾ができていました。

今シーズンは久しぶりにピンク色の開花が見られそうです。
rose140224010.jpg

赤い色素が多いせいか、葉や茎が赤紫色をしています。

rose140224022.jpg

--------------------
蕾がさらに大きくなってきました。葉の色は少し赤みが減っています
rose140402002.jpg
(2014/4/2)


posted by しまねこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2013年06月04日

緋紅蒲公英原産地の気候

 ネットで緋紅蒲公英Taraxacum pseudoroseum)の画像を検索していたところ、ロシアのwww.plantarium.ruというサイトで緋紅蒲公英の写真とその撮影場所の情報が載っていました。

 緋紅蒲公英については中央アジアのカザフスタン、キルギスタン、中国の新疆ウイグル自治区などの高山地帯の草原という情報はあったものの、実際にどのような気候条件の場所なのかがわかりませんでした。

 このサイトではカザフスタンの旧首都であるアルマトイ(アルマ・アタ)の100キロほど東のASY高原、標高2300m(2010年6/23)という撮影時の情報が載っていました。

同じサイトではASY高原の風景も見ることができます。広々とした高原の牧草地でした。

 Wikipediaによるとアルマトイの気候は
気候は大陸性で、夏は暑く冬は寒い。南方を4000m級の天山山脈が占めるため、山岳気候の影響も強く受ける。1月の平均気温は-4.7度とそれほど低くはないが、最低気温はしばしば-10度を下回り、降雪量も多くなる。7月の平均気温は23.8度と高く、日中は年間平均で30度を超す真夏日となることが36日もあり、時に35度を超すことも珍しくないが、朝晩は涼しく湿気も少ないので蒸し暑さとは無縁である。また市内でも北から南にかけて標高600m - 1200mに市街地が広がっているため、気温、気候などに違いがある。沖積層土壌と豊富な雨量のため、多くの植物が生い茂っている


 緋紅蒲公英が開花していた時期、7月のアルマトイの平均気温が23.6℃、最高気温30℃、最低気温18℃となっています。

 緋紅蒲公英が撮影された場所は標高2300mのASY高原で、アルマトイ中心部との高度差はおよそ1500mになりますので、10℃程度は低いと考えられます。そうすると日本の4月頃の気候に近いのでしょうか。

 試しに温量指数を計算してみると、アルマトイは89で東北地方くらいでしょうか。(仙台市で95.5、岩手県盛岡市で82.8)緋紅蒲公英の咲いていたASY高原は32ぐらい(高度による気温差を9℃とする)になって、北海道の根室より寒いことになります。

 温量指数が日本以外にも適用できるかどうかはわかりませんが。

rose11042423.jpg
(緋紅蒲公英:日本国内4月中旬)

posted by しまねこ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2013年05月21日

初夏の緋紅蒲公英

 初夏を迎えて、ピンク色のタンポポ、緋紅蒲公英Taraxacum pseudoroseum)の葉がぐんぐん伸びてきました。昨年春に蒔いた種が全滅したので、改めて秋に蒔いた種から発芽したものです。

rose130518001.jpg
(一番生長した株)

 赤い花を咲かせるタンポポだけに葉の中心の葉脈も赤っぽく見えます。

 今シーズンに可愛いピンクの花を見たかったのですが、春までに十分な栄養を貯め込むことができなかったようです。来年春か、今年の秋にでも花を咲かせてくれたらいいなと思っています。

rose130518006.jpg
rose130518007.jpg

 合計3鉢に6株ほど生長しています。中央アジア原産で、日本のタンポポよりセイヨウタンポポにより近いのではないかと思います。在来種に比べて葉の色が濃く、肉厚な感じです。

rose_kansai130518008.jpg

右下と左上が緋紅蒲公英、右上が在来種のカンサイタンポポ(T.japonicum)の葉です。色合いの違いがわかるでしょうか?

 左下は同じく在来種で花弁がクリーム色のキビシロタンポポ(T.hideoi)です。こちらはさらに薄い黄緑色ですね。

posted by しまねこ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2013年03月23日

緋紅蒲公英の若葉

 初代と2代目の緋紅蒲公英(Taraxacum psedoroseum)を枯死させてしまったので、あらためて種から育てているのですが、昨年秋に撒いた種のうち、現在も生き残っているのはこの一株だけとなりました。

rose1303230003.jpg

在来種に比べて色が濃く、葉の付け根部分が細いのが特徴です。今の時点でこの大きさだと今シーズン花を咲かせるほど成長するかどうかちょっと不安です。
posted by しまねこ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2012年09月29日

緋紅蒲公英の発芽

 緋紅蒲公英が発芽していました。
 春に一度種まきして発芽させていた緋紅蒲公英の苗が今夏の猛暑で全滅してしまったので、涼しくなった9月17日に改めて種をまきました。

 4つの鉢に5-6個づつ撒いたのですが、今のところ発芽したのはひと鉢の2株だけです。

rose120928002.jpg

 緋紅蒲公英の双葉はカンサイタンポポなどの在来種に比べて少し細長い形をしています。
posted by しまねこ at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2012年05月02日

ピンク色タンポポの発芽

 ピンク色の花を咲かせるタンポポ、緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)が発芽しました。

rose12050131.jpg

 最初に手に入れた初代の株が夏の暑さで枯れてしまったので、採集しておいた種を播いておいたら、一週間もたたずに発芽しました。

rase12050132.jpg

 中央アジアの高原地帯が原産地なのですが、こちらの気候でも生育しました。一昨年種から育てた2代目の株は秋に発芽して、翌年の春には花を咲かせました。

posted by しまねこ at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2011年04月10日

緋紅蒲公英の花色の変化

 緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)は、開花した直後は白色で、花弁の先端と裏側がわずかに赤紫色です。
rose1_11040965.jpg

 最初に開花したのを見た時には「これじゃあ薄桃タンポポじゃないか」と思いました。ところが日を追うごとに色が濃くなっていくのです。

続きを読む
posted by しまねこ at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2011年04月07日

発芽から7ヶ月で開花した緋紅蒲公英

 種から育てたピンク色のタンポポ、緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)の花が咲きました。昨年の秋に発芽してからわずか7ヶ月目です。
rose21_11040712.jpg

 昨年春に開花した親株から種をとって9月に播いたのですが、数日で発芽して双葉になりました。そのまま戸外に鉢植えのままで順調に育ち、3月初旬にはロゼットの中央部に蕾ができていました

続きを読む
posted by しまねこ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2011年03月09日

春を待つピンクのタンポポ

 ピンク色の花を咲かせる緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)に蕾ができていました。
 染色体の観察をするために昨年の9月、育苗ポットに種を播いたら予想以上にたくさん発芽したので、一部を鉢に植え替えて屋外で育てていたものです。
 
rose11030923.jpg
 名札に書いてある「ヒベニタンポポ」は正式な和名ではありません。中国読みだとfei hong pu gong yingなので、「ヒコウタンポポ」とは思うのですが「ヒベニ」の方がこのタンポポの雰囲気に合っている気がします。

続きを読む
posted by しまねこ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年10月16日

発芽後1ヶ月の緋紅蒲公英

 発芽してから約一ヶ月目の緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)です。本葉の数が増え、長さも2cmくらいになっています。
hibeni10101620.jpg続きを読む
posted by しまねこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年09月22日

緋紅蒲公英の本葉

 8月末に染色体観察用に種まきした緋紅蒲公英(ピンク色のタンポポ)が9月11日に発芽しました。発芽後11日目、子葉の真ん中から本葉が伸びてきました。
rose2_10092104.jpg
(2010/9/22)
続きを読む
posted by しまねこ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年09月11日

育苗ポットで発芽

 染色体観察のためにキッチンペーパーで発芽させようとしていた緋紅蒲公英ですが、一株を除いて発芽しないので、あきらめて捨てるつもりでした。
 それでも駄目モトで、育苗ポットに放置していたら一気に発芽していました。
rose2_10091301.jpg

 2株だけ染色体観察用にキノリン液に漬け込んで、あとのは継続して育ててみようと思います。続きを読む
posted by しまねこ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年06月13日

緋紅蒲公英の種子

 緋紅蒲公英(Taraxacum pseudoroseum)の花が終わり、綿毛となりました。
日本国内には自生していないこのタンポポの種がうっかり飛んでいって野生化しないように種が出来始めた時に、ネットをかぶせておきました。

rose2net10061301.jpg
続きを読む
posted by しまねこ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年05月17日

だんだん色が濃くなるピンクのタンポポ

 開花した初日はシロバナタンポポかと思うほど色白だった緋紅蒲公英Taraxacum pseudoroseum)は、日ごとに色が濃くなりました。



 ピンクのタンポポとしてよく知られているモモイロタンポポ」Crepis rubra)は、タンポポと名前はついているもののフタマタタンポポ(Crepis)属なのですが、こちらは正真正銘タンポポ属(Taraxacum)です。
rose1_10051735.jpg

 開花してから2日目の花です。

 タンポポの赤成分のアントシアニン(赤紫色)は低温条件と光で合成されるそうですので、しっかりと日当りのよい所に置きました。

このあたりは過去のブログ記事「カンサイタンポポの紅葉現象を探る」で書きました。

続きを読む
posted by しまねこ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年05月15日

緋紅蒲公英が咲きました

 緋紅蒲公英Tarxacum Pseudoroseum)がとうとう開花しました。ロゼットの中央に小さな蕾を見つけたのが、先月の29日ですから、およそ半月です。
rose2_10051531.jpg

 ただの白花タンポポのようにも見えますが、花弁の裏側と端が赤紫色なので、うっすらとピンク色に見えます。また中央部が黄色に見えるのはオシベの花粉のせいでしょうか。続きを読む
posted by しまねこ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年05月12日

緋紅蒲公英の総苞外片

 緋紅蒲公英(T.pseodoroseum)の蕾がかなり大きくなって、もうすぐ花茎が伸びる気配です。葉の中央部はかなり赤紫色になっています。
rose2_10051302.jpg

 少し前から総苞の外片がめくれ気味だったのですが、今日ははっきりと外側に開いてセイヨウタンポポや、アカミタンポポの蕾のようです。
rose2_10051313.jpg
posted by しまねこ at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英

2010年05月07日

緋紅蒲公英の蕾(その2)

 緋紅蒲公英Taraxacum pseudoroseum)の蕾は順調に大きくなって、現在直径8mmぐらいになりました。

rose1_10050729.jpg

 花が咲くまで、あと一週間ぐらいでしょうか。
 蕾の状態で見る限りはこのタンポポの外総苞片には角状突起はなさそうです。今から少し開き気味なので、外総苞片は密着しないのかもしれません。
posted by しまねこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 緋紅蒲公英