2013年04月10日

プロイディアナライザー(倍数性判定機)

プロイディアナライザー(ploidy analyzer)

植物などの倍数性、異数性を測定するフローサイトメーター(flowcytometer)

http://www.chiyoda-s.jp/products/flowcytemeter.html

生の葉や痩果を標本としてタンポポの倍数性を測定できる。

 2倍体のタンポポと3倍体以上のタンポポを区別するには、花粉の大きさを調べ、大きさが均一なら2倍体、不揃いなら3倍体以上の倍数体という簡便な方法がある。しかし、3倍体以上のタンポポが4倍体なのか、5倍体なのかを調べるにはタンポポの根端細胞の染色体の数を調べるしか方法が無かった。


生の葉をカミソリなどで細かく刻み、細胞を壊して核を露出させる。DAPIで染色し、核に含まれるDNAの量を蛍光強度から算出する。

日本産タンポポと、中国系のタカサゴタンポポでは基本となる核DNA量が異なる。そのことを利用して、タンポポの起源を推定できる。
posted by しまねこ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究ノート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66751346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック