2019年06月23日

ピンク色のノゲシ

自宅近くを散歩中にピンク色のかわいい花を見つけた。
IMG_4781.jpg
ベニバナボロギクCrassocephalum crepidioides)かな?と思ってとりあえず写真を撮って後で図鑑を見ると、葉の形がノゲシ(Sonchus oleraceus)っぽい。IMG_4768.jpg
 気になったので翌日行ってみると花が開いていました。うっすらと紫色を帯びているので、蕾状態ではピンク色に見えます。
DSC_0024.jpg

ノゲシの白花変異、ウスジロノゲシSonchus oleraceus forma lilacina)かな。ネットで調べてみると、いくらか例はあるみたいです。タンポポと同じく何かの理由で黄色色素が抜けて白くなっていると思われます。

学名の後半、品種名のlilacinaはライラック(薄紫色)を意味するらしい。蕾の色を見ると納得です。

 ある種の除草剤には黄色色素のカロチノイド合成を阻害する作用があるそうなので、その影響の可能性もあります。

よく見ると、隣には普通の黄花種が咲いていました。
DSC_0028.jpg

近くに咲いていたのは、よく似ているけれども、こちらはヒメジョオンErigeron
annuus

DSC_0030.jpg
posted by しまねこ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タンポポに似た花たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186178456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック